日刊県民福井アスリート大賞 2018 表彰式が開かれました

若越陸上NEWS

こちらでは、福井県選手の活躍等をお知らせするページです。

2019年3月13日 ニュース

日刊県民福井アスリート大賞 2018 表彰式が開かれました

2018アスリート大賞の授与式が、3月3日(日)に福井市のフェニックスホテルで開かれました。アスリート大賞は、男子110M障害で13秒36の日本新記録(県新記録)をマークし、日本選手権、国体で優勝した金井大旺選手(県スポーツ協会)が受賞しました。全国大会に入賞し将来を属望される選手に贈られるホープ賞は、女子ハンマー投げで55M64の県新・県高校新記録をマークした渡邉ももこ選手(敦賀高3年)が二年連続の受賞、男子棒高跳びで4M90をマークし、インターハイ3位、国体で2位に入賞した宮川開成選手(敦賀気比高校3年)、中学男子走り幅跳びで7M21、200Mで21秒93の県中学新記録をマークし、ジュニアオリンピックでどちらも2位に入賞した丸山陽生良選手(足羽一中3年)が受賞しました。

金井選手は、福井への恩返しという思いもあり、世界選手権、東京オリンピックでの活躍を目指します。宮川選手、渡邉選手には大学で更なる成長を遂げて日本を代表する選手になること、丸山選手には一年生でのインターハイ出場と念願の日本一になることを目標にしています。

  DSC_2099.JPG 表彰を受けた選手の表情


 金井選手に贈られたパネル
DSC_2106.JPG

ビデオ再生 ストリーミング放送

 
  • 感動の動画特集
  • 記録データベース
  • 書類ダウンロード
  • 強化委員会
  • ジュニア普及委員会

PR

広告料金について 広告料金について詳しく

このサイトに画像バナー広告を出すことができます。詳しくは料金表等をご覧下さい。

 
 

Copyright(C)2013 FRK All Right Reserved.