【日本新記録誕生】桐生祥秀選手 日本人初の100M9秒台 日本インカレ福井で優勝

若越陸上NEWS

こちらでは、福井県選手の活躍等をお知らせするページです。

2017年9月11日 トピックス

【日本新記録誕生】桐生祥秀選手 日本人初の100M9秒台 日本インカレ福井で優勝

9月9日(土)福井県営陸上競技場で開催されていた日本陸上競技対校選手権大会において
桐生祥秀選手(東洋大4年)が、日本新記録となる9秒98をマークし、優勝しました。
従来の日本記録は、1998年に伊藤浩司さん(現日本陸連強化委員長)がマークした
10秒00でした。

86ic_Men100m-Final_NNR_PF_Signature.pdf

世界陸上100m代表の多田選手(関西学院大)との対決で観客やメディアの注目が集まる
中、約12,000人という超満員の県営陸上競技場となりました。
レースは追い風1.8mの好条件に恵まれ、桐生選手は多田選手に序盤先行を許すものの
中盤から一気の加速で逆転、日本勢の長年の夢だった9秒台の領域に達しました。

この歴史的なニュースは、福井を発信地に全国に一斉に発信され、ニュースや翌日の新聞紙の
一面を賑わせました。福井国体のプレ大会として運営協力をした福井陸協としても、多くの
スポーツファンに感動をお届けできたことを光栄に思うところです。

また、この日は福井駅前で、世界陸上メダリストの飯塚選手や藤光選手、高平選手、マラソン
の土佐選手という豪華ゲストがハピテラスに集結。メダリストから見た陸上競技の魅力を伝え
るイベントが開催されました。県営競技場の大型スクリーンの映像がライブ配信でハピテラス
のスクリーンに映され、男子100Mは高平選手が解説して、福井県民の方に陸上競技の魅力
を伝えました。

今大会の成功は、官民一体となったスポーツを通した街づくり、人づくりというムーブメント
の一つの形であると考えています。来年の福井国体に向けて、今大会の反省や経験を活かし、
福井の魅力をアピールできるように努めてまいりたいと思います。

ビデオ再生 ストリーミング放送

  • ch1
  • ch2

現在、1chは放送していません

現在、2chは放送していません

 
  • 感動の動画特集
  • 記録データベース
  • 書類ダウンロード
  • 強化委員会
  • ジュニア普及委員会

PR

広告料金について 広告料金について詳しく

このサイトに画像バナー広告を出すことができます。詳しくは料金表等をご覧下さい。

 
 

Copyright(C)2013 FRK All Right Reserved.